見やすいホームページってどう作るの?作り方徹底解説!

画面を構成する要素を考える

見やすいホームページは人によって違ってきますが、必要のない情報がカットされたものになります。情報というと文章などの文字数を減らすように感じてしまいますが、画面に表示される広告などをできるだけカットする方が望ましいです。ホームページへの訪問者が必要としているのは広告などの情報ではなく、そのサイトが発信している情報になります。そのため余計な情報をなくすことにより、見やすいホームページになります。しかし広告などをカットしても、サイトのデザインなどはしっかりと作りこむ必要があります。トップページから各ページに誘導するためのメニューを作ったり、背景や文字の色を変えて視覚的に見やすくする工夫はとても大事です。

文字の大きさも重要です

ホームページで情報を発信する場合、文章を読んでもらうことが多いです。その際に重要なことが文字の大きさやフォントであり、これらがうまく合っていないと読みにくいです。パソコンなどで文章を読む際には見やすい大きさというものがあり、フォントも画面上で見やすいものにすることが大切になります。それ以外にもサイトのタイトルや記事のタイトルなども、目立たせるために大きくしたり色を変えたりして認識しやすいようにしましょう。そして文章構成も重要です。何行にもわたり文字を書き続けるのではなく、数行書いたら一行空けることで文字による圧迫感が少なくなります。そうすることで読みやすくなるので、文章量が多くなる場合にはこのような工夫も必要です。

© Copyright Website Basic Key. All Rights Reserved.