保存版!困ったら見るホームページの基本のキ

ホームページを作るときには視聴者目線

ホームページは見てくれる視聴者の目線に配慮して作ることが重要です。ホームページを見てくれる視聴者層に合う作りにすると、細部までしっかりと見てもらえます。ホームページの見やすさは文字の大きさ、デザイン、色使いなどを総合して決まってきます。詳細な作り込みまで視聴者からどう見えるかを意識して作ると、支持されるページになることが多いです。また、情報を伝えたいばかりに文字だけにしてしまいがちですが、文字だけのページは見にくくなってしまいます。そうならないために、画像やイラストなどを適度に入れ込むことが重要です。視聴者層がある程度把握できるなら、視聴者層に合うデザインも大切です。若い女性向けのサイトならピンクを使うなどの配慮をすると、いいホームページになります。

ホームページは時間が重要

ホームページを作るときに気を付けるといいのが、サイトを開くまでの時間です。作り上げてから時間がすごくかかると分かっても、なかなか変更するのは難しくなります。そうらならないようにするためには、時間がかかるシステムを出来る限り省きます。視聴者の接続環境が分からない以上、誰でも見れるホームページを作ることが重要です。単純に文字と絵だけのホームページであれば、ほとんどの回線で問題なく開くことができます。しかし、個性を出そうとして、凝った作りを詰め込みすぎると開くのが遅くなります。そうなると開く前に視聴者は他のサイトに行ってしまうでしょう。そのリスクを考えると、凝って遅くなるホームページにするよりは、シンプルでも早いホームページにする方がいいでしょう。

© Copyright Website Basic Key. All Rights Reserved.